先進のメカニズムは、人によって生かされる。

技術をパートナーに、効率の向上を。
生産ラインを構成する設備機器は、確かな医薬品を安定して作り続けるために不可欠なパートナーであるといえます。私たちは先進機器の導入を進め、進化する多様な性能を駆使して、目的に最適な生産ラインを実現します。また設備機器のエキスパートであるスタッフが、新規導入の際のバリテーションや日常の保守・点検と整備にあたり、すべての機器がつねに適正に安定して稼動するよう技術と心を尽くしています。

設備

1    第3製剤棟
世界レベルに対応する最新鋭の設備と環境に配慮した新工場。一般製剤とステロイド製剤の完全分離を実現し、より高品質の医薬品を低コストで安定供給し続けます。

2    製造用水製造設備
点眼薬の製造用水は、薬液の品質のベースです。私たちはウルトラフィルター方式により滅菌精製水を製造し、水を重要な医薬品の原料のひとつとして、その品質を高度に保持しています。

3    充填機
製品それぞれに応じて、タンク容量、充填速度など適切に選定し、多様な容器形状にも柔軟に対応します。少量多品種から大量生産まで、あらゆる充填が可能です。

4    シュリンクタックラベル: ラベル貼り ラップラウンド : パッケージング
充填後、シュリンクタックラベルを装着。製造番号や使用期限などを捺印。カメラによる捺印チェックを経て、各製品の包装仕様に応じ自動箱詰め。クリーンな環境を保ちつつ効率的な一貫作業が行なわれます。

5    パレタイズロボット:梱包
段ボール梱包された製品は、出荷までの一貫した管理システムに基づき、ロボットにより自動的にパレットに積まれ、ラッピング後に製品倉庫へ移送。出荷までの適切な環境管理のもと保管されます。