日東メディック株式会社 日東メディックの仕事

日東メディックの仕事

日東メディックは、点眼剤など目にかかわる医薬品を中心に、研究開発から製造・販売までを行う製薬会社です。眼科領域では国内トップクラスの生産本数を誇ります。本社のある富山県の八尾工場で生産された医薬品は、全国の患者様にお使いいただいています。

眼科領域の後発医薬品(ジェネリック医薬品)を中心に多様な製品をラインナップし、製造販売を通じて医療の現場を支える「製造・販売事業」、そして、蓄積した製造技術と最適な生産設備、高度な品質保証体制に基づきお客様のご要望にお応えする「受託製造事業」の2つを事業の柱として私たちは歩いてきました。

日東メディック

医薬品における眼科領域

日本国内での医薬品の生産における「眼科用剤」の割合は約3.4パーセント(※)。そして、無菌操作によって製造される点眼剤は、その製造管理に高度な技術や最適化された設備が求められます。日東メディックは、そのようなニッチな市場である眼科領域において、1994年の創業から蓄積した技術力を一番の強みとして事業を展開し、点眼剤のスペシャリストとして大きく成長してきました。また、現在では、100名を超す自社の医薬情報担当者(MR)が、医薬品の情報提供や製品に関するご要望に対応する体制を構築しています。

※金額ベース、厚生労働省 平成26年薬事工業生産動態統計調査より

主な製品

  • 点眼薬

    点眼薬

  • 眼軟膏剤

    眼軟膏剤

  • 点鼻薬

    点鼻薬

  • 内服薬

    内服薬

  • 体外診断用医薬品

    体外診断
    用医薬品

  • 外用剤(皮膚科)

    外用剤
    (皮膚科)

無菌製剤のスペシャリスト

私たちは、高度な技術が求められる無菌製剤の製造のスペシャリストです。世界レベルに準拠した先進設備を取り揃えた環境で、生産プロセスに携わるすべてのスタッフが高い使命感をもって取り組んでいます。医薬品の安定供給のために、ハードとソフトの両面から技術を掘り下げ、患者様の信頼にお応えし続けています。

違いを見逃さない試験体制

お客様から信頼を頂くためにも、医薬品は常に安心・安全で確かな品質でなければなりません。私たちはすべての製品に対し、全工程で試験・検査を行っています。原材料の受入から、製造環境のモニタリングなど、試験の種類は多岐にわたります。HPLC(高速液体クロマトグラフ)、ガスクロマトグラフ、分光光度計などの分析機器を備え、専門スタッフが精確に試験を進めます。

医薬情報の提供と収集

患者様一人ひとりの症例やご希望にお応えできるように、点眼薬・眼軟膏剤など眼科領域の多様な医薬品や、皮膚科領域の外用剤などを製造・販売しています。高度な専門知識や豊富な経験に基づき、患者様へ高い価値ある医薬品をお届けすべく、全国各地の営業拠点にMR(医薬情報担当者)を配置し、医療関係のみなさまに情報を提供しています。

価値ある医薬品の研究開発

私たちがメインターゲットとする眼科領域や、新しく開拓している皮膚科領域の製剤の開発をメインとし、さまざまな品目の上市を目指しています。患者様に価値を感じて頂ける製品の開発に継続的に取り組むことが私たちの使命。今後も会社のさらなる成長をめざし、製品ラインナップを充実させていきます。

pagetop